PROFILE


切り絵作家:安栖 千晶(あす ちあき)

      Chiaki  Asu

1984年生まれ

福岡県在住

彩色を施す「彩色切り絵」を2007年より制作

主に動物画を制作

ハガキサイズから大判サイズまでご依頼品も承っております。

お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームからどうぞ。




私の切り絵は一枚の紙の中に絵画的な表現を込めたいと思っています。

ネガの世界ではなく、ポジの世界を目指しています。

切り絵によって切り残された線に影を見るのではなく、

切り取られた隙間からのぞく輝きに影が光になる煌きを追い求めています。

線の鋭角さや切り口の美しさではなく、

そこに居る彼らに少しでも生命観を与えられたらいいなと思う表現を目指しています。


ストロークに下書きは無く、シルエットの輪郭以外は着色の後、直に一発勝負で自由に切り込んでいきます。

無作為の中に導かれる感覚は、精巧な切り絵をするというよりも、命との対峙を試みている感覚でもあります。


切り口はあえて凹凸感があり、ライティングによって皮膚感や被毛感を感じてもらうことができます。

紗のアクリルパネル等に貼り付けて額装し、ステンドグラスのように後ろからも前からも光を当てます。

白い紙の上に平置きした状態、後ろからの逆光にした状態、

正面と後ろの両方から光を当てた状態でさまざまな表情が出るように研究を続けています。


紙の中の"彼ら"と目が合うことが出来たとき、”お許し”を頂けたような感覚に包まれるのです。

きらめきの光に恋焦がれて

のんのんびりびりせっせときりきりします。


I want you to feel the life of living things on paper.

Three-dimensional installation elements by painting, craftsmanship and lighting

A backlight LED light source is set on the back of the frame, and you can enjoy various lighting patterns by remote control operation.

Of course, you can enjoy it as a single picture without turning on the light.

My paintings are expressed in search of "something that does not change constantly while changing the way it looks with various lighting and conditions".

All backlight equipment is installed and designed by oneself.

It is designed in consideration of heat resistance and heat removal.

The picture rail can be hung on the wall by nailing.

The pattern of the cut is not completely determined in advance. Make a cut at that moment with the ad lib of the spot.

I want you to feel the surprise and beauty that the color, light and texture play.