動物性擬似愛的行為

私の作品は現段階では動物を主とする作品がほとんどです。

また制作するにあたってはそこに「再現」や「出現」を求める擬似愛的行為でもあります。

長い時間をかけて作った作品はさながらペットを慈しむような感覚で人手に渡すのは寂しくもなるのですが、決して自分が純粋な動物博愛者ではないということだけは知っていただきたいと思います。


物心付いたときから比較的動物を可愛がる家庭で育ったものの、まだ自分の自我があやふやな若かりし頃、思春期で幼い思考の時期もあり

世のペット愛好者が有り余るほどの贅を尽くしてペットをもてなす様に

「世界に飢えている人のためにそのお金を少しでも分けてあげたらいい」と豪語する事もありました。

ただ、さまざまな人生の艱難辛苦を経て「彼ら」の純粋な愛や崇高さに気づいたとき、私は「彼ら」に救いを求めるようになったのです。

けれどお肉も食べます。

有り余るお金も無いので飛びきり贅沢もさせるわけでもありません。

けれども紙の中に出逢うことを求める擬似愛的行為によって「彼ら」の魅力を感じていただければとても幸せです。



0コメント

  • 1000 / 1000

安栖 千晶 あとりえきりえ

切り絵作家 彩色切り絵を研究 Asu Chiaki Paper cut out artist My paper cut out work are coloring paper cut out. Art of coloring and cutting out only one sheet of paper.