彩色切り絵「光、芒洋たりて対岸を望む」

2018年制作 

 size H79cmxW54.5cm  

此処ではない場所から来たはず

此処はまた帰る場所になるだろうか


シナガチョウの作品

"Chinese goose"

今回1回失敗して2度目の作品です。

今回の撮影は紗のパネルが基本になっています。

今回も数日にわたり4回撮影を試みました。

午後の時間帯を狙いわずかな時間で撮らないと思うように写りこまないので

かなり焦ることもあります。

刻一刻と太陽の位置が変わるので作品の位置をずらしながら部屋をぐるぐる回転していきます。

ほんのわずかな光源の差で色合いが変化するところが難しく、そして大好きな所です。

一円玉と比較するとこんな感じの大きさです。

次はもっとピカピカの一円玉を見つけたい・・・

撮影中のおまけ動画

写真撮影の終わりごろなのですっかり日が陰っています。

おお~破れる破れる~って感じなようで大丈夫です^^;

今回の成功点は羽の切り込みのピッチがカワセミの「DIVE・・・」の時よりも

更に追い込んで均一に狭く出来たと思います。

パーツのストロークに下書きは無いので、一発勝負で勘で切っていきます。

紗のパネルで自然光を当てると全体がきらめいてい見えます。

この写真の感光では黄金色ですね。

紙の色はレモンでもベニバナ系でもない黄色ど真ん中の黄色です(笑)

陰ってくると赤みが強くなり、夕暮れのような色合いになります。

脚の部分は切り抜かず透かし彫りの状態です。

この透かし彫りは今後色々なパーツに応用できると思います。


さて、次は何をつくろうかな。。。

0コメント

  • 1000 / 1000

安栖 千晶 あとりえきりえ

切り絵作家 彩色切り絵を研究 Asu Chiaki Paper cut out artist My paper cut out work are coloring paper cut out. Art of coloring and cutting out only one sheet of paper.